ブログ

耐震基準適合証明書とは セールストークの裏を知る

 「耐震基準適合証明書」がある中古住宅は、様々な減税措置が受けられます。例えば住宅ローン減税制度。中古住宅の場合、耐震性能を有していることが要件のひとつなのです

キャピタルロスを生む住宅政策 ストック型社会の足枷

 良いモノは長持ちします。  長持ちするモノには愛着がわきます。  愛着がわくとモノを大切にします。  大切なモノはかけがえのない存在になります。  

公的な既存建物評価システム構築の必要性

 中古住宅市場において流通促進を妨げる要因は、不動産屋と消費者との間にある情報の非対称性です。日常業務として不動産を扱う不動産屋と、不動産取引が一生に一度あるか

令和2年地価公示の示すもの

 昨日3月18日令和2年地価公示が発表されました。下関市においては新下関エリアの地価上昇が目立ちます。新下関エリアは近年、大型商業施設の集客力が大きい上に、宅地

目利きと見立て 不動産の価格と価値を考える

 物の価値を見極める「目利き」という言葉があります。骨とう品や美術品を鑑定する際によく使われます。不動産鑑定の場面でも使われます。さてここで問題です。皆さんは不

全宅連 安心R住宅のすすめ

 平成29年の施行からなかなか普及が進まない安心R住宅制度。弊社では適正価格による不動産取引の推進に日夜取り組んでいますが、安かろう悪かろうのイメージが刷り込ま

土地の相場観

 国交省による公示地価、国税局による路線価、各都道府県による基準地価と、行政機関が発表する土地の評価は3つあります。そのうち基準地価が今月20日頃発表されます。

フェアトレード

弊社では「不動産の適正価格による取引」の推進を企業理念に掲げて事業活動を行っています。その核となる「適正価格」とはどのように算出すればよいのでしょうか。弊社は「

表裏一体

不動産の仕事では物件の特徴を理解することが大切です。 物件の特徴が理解できれば、その価値が自ずと見えてきます。 反対に特徴を十分に理解できない場合は、適正価格を

中古住宅は謎解きパズル

中古住宅を取り扱う事は、まるで謎解きパズルの様な一面があります。   例えば、既存不適格建築物や違法建築物の存在。 既存不適格建築物とは、建築時は適法
1