ブログ

全宅連 安心R住宅のすすめ

 平成29年の施行からなかなか普及が進まない安心R住宅制度。弊社では適正価格による不動産取引の推進に日夜取り組んでいますが、安かろう悪かろうのイメージが刷り込ま

土地の相場観

 国交省による公示地価、国税局による路線価、各都道府県による基準地価と、行政機関が発表する土地の評価は3つあります。そのうち基準地価が今月20日頃発表されます。

フェアトレード

弊社では「不動産の適正価格による取引」の推進を企業理念に掲げて事業活動を行っています。その核となる「適正価格」とはどのように算出すればよいのでしょうか。弊社は「

表裏一体

不動産の仕事では物件の特徴を理解することが大切です。 物件の特徴が理解できれば、その価値が自ずと見えてきます。 反対に特徴を十分に理解できない場合は、適正価格を

中古住宅は謎解きパズル

中古住宅を取り扱う事は、まるで謎解きパズルの様な一面があります。   例えば、既存不適格建築物や違法建築物の存在。 既存不適格建築物とは、建築時は適法
1