ブログ

立地適正化計画をご存知でしょうか

 下関市において、令和2年3月2日より立地適正化計画に基づく届け出制度が始まります。ほとんどの方はご存知ないと思いますので、制度の概要をお知らせしたいと思います

防災に取り組む理由 エンパシーの時代

 永く住み続けられる価値ある住まいを実現するために、弊社「IMPLE HOUSE」事業では防災について考えてきました。そのなかで見えてきたのは、地域によって防災

屋根の役割を考える

 最近すっきりしない天候が続いていますが、住宅の屋根について考えてみたいと思います。家の絵を描いてくださいと言われると、多くの方はまず三角屋根を描かれるのではな

繁栄からこぼれ落ちたもうひとつのアメリカ

 【「繁栄からこぼれ落ちたもうひとつのアメリカ」 著者:デール・マハリッジ 写真:マイケル・ウィリアムソン 訳者:ラッセル秀子 発行:ダイヤモンド社】 &nbs

今里隆 屋根の日本建築

 【「屋根の日本建築」 著者:今里隆 発行:NHK出版】    徳勝龍の初優勝に沸いた大相撲初場所。その舞台となった両国国技館の設計者である今里隆さん

第4回 官民合同会議 in 博多 防災科学技術研究所

 先日、防災科学技術研究所主催の「第4回 官民合同会議 in 博多」に参加してきました。残念ながら仕事の関係で途中退席してしまったのですが、国の防災情報研究の現

グローバリゼーションが招いた社会の分断

 今年2020年は、イギリスのEU離脱、アメリカ大統領選挙など世界が大きく変動する年となります。なぜイギリスはEU離脱を決断したのか、なぜアメリカはトランプ大統

リロケーションダメージ 住み続けられる住まいを目指して

 災害によって住まいを失い、避難所から仮設住宅、そして災害公営住宅へと何回も引越しをせざるを得ない方。また家族に迷惑をかけたくないからとの理由で、住み慣れた住ま

市場原理主義に翻弄される住宅問題

 2020年1月からドイツの首都ベルリンで、民間の賃貸住宅の家賃について5年間値上げを禁止するようです。今朝の朝日新聞の記事では、不動産業界から「社会主義への逆

住宅の性能はどこまで高められるのか

 新築神話を構築する技術革新による住宅性能の向上。つまり新しければ新しいほど最新技術を取り入れることが出来るので、新築の方が良いという考え方は、広く浸透している