ブログ

大規模災害の教訓

 車中泊、支援物資のラストワンマイル問題、受援計画、ペット同行避難など大規模災害が起きるたびに直面する教訓が生かされていない現実。    今年も災害は

哲学のすすめ こどもの権利

 最近本屋さんでこども向けの本の棚を見て愕然としました。こどもに自分で考えて答えをみつける習慣をもってもらうために何か良い本はないか探していたところ、道徳的な倫

民意の熟成と自浄作用

 近年あらゆる分野の大企業による不正問題が数々発覚し新聞紙面をにぎわせています。行き過ぎた利益至上主義の裏側にはびこる不正の温床がクローズアップされ、日本経済の

火災警報器 防災を考える

 住まいには住宅用火災警報器の設置が消防法により義務付けられています。「平成30年度版 消防白書」によると、住宅用火災警報器の設置が義務付けられた平成16年より

エシカル消費とバイトテロ

 「エシカル消費=倫理的消費」、 持続可能な開発目標(SDGs)の12番目「つくる責任 つかう責任」     最近バイトテロという新しい言葉が気になります。SN

緊張の緩和 住まいの役割02

 旅行から家に帰ってくると熟睡したという経験はありませんか。旅館の枕が合わないとか、布団の硬さが違うとか、原因は人によって様々あるでしょうが、人間の感覚はとても

子供の居場所 住まいの役割01

 住まい探しの希望条件で、小学校が近い事や現在と同じ学校区である事を挙げられる方が多いです。登下校時の安全性や友人などの関係性などお子さんの事を優先的に考えられ

コンフリクト・マネジメント

【「施設コンフリクト 対立から合意形成へのマネジメント」 著者:野村恭代 発行:株式会社幻冬舎メディアコンサルティング】    施設コンフリクトの背景

下関市の活断層 防災を考える

 現在は地震の活動期です。そして下関市でも震度7の地震が発生する可能性があります。その事実をこの下関においてどの程度の方が認識されているでしょうか。  

感震ブレーカー 防災を考える

 住まいの防災を考える時に、検討して頂きたい設備のひとつ「感震ブレーカー」。阪神・淡路大震災、東日本大震災ともに地震による火災の過半数は電気が原因でした。そのた