ブログ

ちらつく国家無答責の法理の幻影 子どもの教育を受ける権利を守る

 弊社ブログ記事「子どもの教育を受ける権利」は、今年2月末の全国一斉休校措置に対する疑問を表したものでした。おそらく不動産取引に関係しない多くの方々にもご覧頂い

子どもの人権を侵害する校則と親の教育権

 最近日常的に、家庭内での虐待事件報道を目にするようになりました。親が子どもの成長過程における反抗を受け止めることは並大抵のことではありません。しかし反抗に暴力

多数決を疑う 多数派の民意でも切り捨てられる現行制度

 【「多数決を疑う 社会的選択理論とは何か」 著者:坂井豊貴 発行:株式会社岩波書店】    山口県が新たに取得した公用車が物議を醸しだしています。こ

「道理ある不一致」の時代 コロナ禍に求められる道徳教育

 日本学術会議のホームページには様々な分野の提言や報告が数多く掲載されています。その中でとても気になる報告があります。今年6月9日に公表された【道徳科において「

あきらめという名の責任転嫁 選挙に行かない大人たち

 先日行われた東京都知事選挙の投票率が前回よりも下がったそうです。コロナ禍で外出を控える方がいたのかもしれません。しかし、選挙のたびに聞かれる「どうせ投票したっ

子どもの人権を無視した教育論争

 子どもの教育を受ける権利がないがしろにされています。この憂慮すべき人権侵害問題を一刻も早く解決する術を議論すべき時に、なぜ9月入学について検討をするのでしょう

長引く休校措置が入試に及ぼす影響

 今年3月2日の全国一斉休校要請から、小中高の学校再開の目途が立たない状況が続いています。新型コロナウイルスの感染者数が増え続けるなかでは仕方ないことなのでしょ

居住権を保障する社会政策の必要性

 令和元年10~12月期の実質国内総生産がマイナス成長となった要因は、消費税増税による個人消費の想定を超える落ち込みでした。そんな低迷する経済状況に追い打ちをか

子どもの教育を受ける権利

 【すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。】日本国憲法第26条より。    政府がその責任におい