ブログ

目利きと見立て 不動産の価格と価値を考える

 物の価値を見極める「目利き」という言葉があります。骨とう品や美術品を鑑定する際によく使われます。不動産鑑定の場面でも使われます。さてここで問題です。皆さんは不

第4回 官民合同会議 in 博多 防災科学技術研究所

 先日、防災科学技術研究所主催の「第4回 官民合同会議 in 博多」に参加してきました。残念ながら仕事の関係で途中退席してしまったのですが、国の防災情報研究の現

市場原理主義に翻弄される住宅問題

 2020年1月からドイツの首都ベルリンで、民間の賃貸住宅の家賃について5年間値上げを禁止するようです。今朝の朝日新聞の記事では、不動産業界から「社会主義への逆

住宅の性能はどこまで高められるのか

 新築神話を構築する技術革新による住宅性能の向上。つまり新しければ新しいほど最新技術を取り入れることが出来るので、新築の方が良いという考え方は、広く浸透している

全宅連 安心R住宅のすすめ

 平成29年の施行からなかなか普及が進まない安心R住宅制度。弊社では適正価格による不動産取引の推進に日夜取り組んでいますが、安かろう悪かろうのイメージが刷り込ま

スミタ、ジュリア、サラ、ジェンダーギャップの現実

【「三つ編み」 著者:レティシア・コロンバニ 訳者:齋藤可津子 発行:株式会社早川書房】    フランス人作家レティシア・コロンバニが本書で描いた理不

少子化と住宅事情

 少子化傾向を象徴する数値として人口動態統計の合計特殊出生率という指標がありますが、この出生率という言葉に違和感を覚えます。子供を産まない女性を問題視する発言が

住宅セーフティネットの現状

 昨日、山口県居住支援協議会シンポジウムに参加しました。講演を聞くセミナーの様な形式でしたが、住宅セーフティネットの現状を確認出来るとても有意義な内容だったと思

住宅研究のフロンティア

 【未来の住まい 住宅研究のフロンティアはどこにあるのか】   野城智也・大月敏雄・園田眞理子・後藤治・岩前篤・岡部明子・平山洋介・祐成保志著   柏書房株式会

正常性バイアス 災害に備える

 災害時に流言飛語が飛び交うのは古今東西変わらないものです。フェイクニュースが溢れる状況で、いのちを守る行動につながる情報をどのように見分けるのか。こんな現代社