ブログ

IMPLE HOUSE 第3弾 進捗状況3

「IMPLE HOUSE 第3弾」の進捗状況をお知らせ致します。    一部設備も設置され、建物内部の下地仕上げがほぼ出来上がってきました。既存の真壁

中古住宅に関する誤解 02べた基礎信仰は如何にして生まれたか。

 現在、多くの新築住宅がべた基礎を採用しています。一般の方もべた基礎だから安心と思っておられる方も多いと思います。その反面、べた基礎でない中古住宅に不安を感じる

中古住宅に関する誤解 01

 「経年変化」を「経年劣化」と同義語と捉えること、もしくはすり替えること。ここに中古住宅に関する大きな誤解を生むプロセスが潜んでいます。    ジーン

中古住宅検索条件に見る世論の変化 その2

 先日不動産ポータルサイトの「築年数」検索条件についてお伝えしましたが、本日は「建物状況調査(インスペクション)」について考えます。    国の登録を

中古住宅検索条件に見る世論の変化

 中古住宅を探す際、多くの方は不動産のポータルサイトを利用すると思います。ご自身の希望の条件を入力する事で気軽に物件情報を比較検討する事が出来る便利なツールとし

セピア色のアルバム

 弊社のIMPLE HOUSE 「西観音町」の新築当時の記録があります。まだ家も無い団地の造成時の様子から、棟上げを経て竣工までの建物の歴史。そこにはご家族や職

IMPLE HOUSE 第3弾 進捗状況2

「IMPLE HOUSE 第3弾」の進捗状況をお知らせ致します。    建物の全サッシ交換が完了しました。既存の開口部分だけでなく、新しく設けた開口や

全宅連安心R住宅の事業者登録

 この度、弊社は全宅連安心R住宅の事業者(特定構成員)として登録されました。平成30年10月22日現在、全国の宅建業者の中で弊社を含む5社が登録されています。現

IMPLE HOUSE 第3弾 進捗状況

 「IMPLE HOUSE 第3弾」の進捗状況をお知らせ致します。    現在建物内部の解体作業がほぼ終了しました。数十年ぶりにその姿を現した躯体、整

住宅の瑕疵

 住宅の瑕疵(かし)とは、本来備えていなければならない性能や品質が無い状態、構造上の欠陥がある状態を指します。    住宅を新築する場合、契約通りの性