物件紹介
豊浦町大字川棚
2,480
税込
万円

物件に関するお問い合わせ

物件概要

  • 住所:下関市豊浦町大字川棚字渡田5276番地16
  • 土地面積:180.93m2(54.73坪)
  • 建物床面積:90.26m2(27.30坪)
  • 築年月:2019年3月
  • 構造:木造平家建
  • 用途地域:第1種住居地域
  • 交通:川棚温泉バス停 / 徒歩3分
  • 学校区:川棚小学校・夢が丘中学校
  • 現況:空家
  • 取引態様:仲介
  • 備考:□前面道路私道持分(1/25)売買代金に含む □公営上水道・個別浄化槽・電気(オール電化) □引き渡し時期:即時 □売買代金には水道納付金・住宅瑕疵保険料含む □立地適正化計画居住誘導区域外 □省令準耐火構造 □24時間換気システム採用(ルフロ400※第3種換気) □樹脂サッシ(Low-E複層ガラス)シャッター雨戸付き採用 □基礎断熱工法 □駐車場2台分 □照明付 □設備:エコキュート(370ℓフルオートタイプ) システムキッチン食洗機付 電気自動車用屋外コンセント有 玄関ドア電気錠 ※リース契約による太陽光発電システム(15Kw)導入可(別途費用負担有) □施工会社:オツジ建工株式会社

物件所在地

未入居住宅:3LDK 豊浦町大字川棚 2,480万円

 800年以上の歴史を誇る川棚温泉。その温泉街からJR川棚温泉駅へ続く青龍街道沿いにある新しい分譲地の一画にこのお家はあります。すぐ近くにある幼保連携型認定こども園が目印です。のどかな田園風景に囲まれた落ち着いた雰囲気の環境は、子育て世帯にぴったり。川棚小学校までは約1.4Kmのほぼ平坦な道程を徒歩通学で、夢が丘中学校まではJRで一駅離れた距離があるので自転車通学となります。この夢が丘中学校は学校区が広く、生徒の6割程度が自転車通学だそうです。

 なおこの住宅地は、下関市の立地適正化計画における居住誘導区域からわずかながら外れています。居住誘導区域とは、人口密度を維持して生活サービス施設やコミュニティを持続的に確保されるように居住を誘導する区域のことです。将来の人口減少や少子高齢化を念頭に考えると、少し不便さを感じる場所とも言えます。

 新しい団地なので当然新しい家が立ち並んでいますが、その中でも片流れの大屋根が特徴的な平家建てのこの建物は目立つ存在です。このガルバリウム鋼板葺の屋根は、大容量の太陽光発電パネルを搭載する場合にメリットがあります。敷地は南西側道路に面していています。この道路は団地の所有者全員で維持管理する私道で、それぞれの土地の所有者が持分を等分に持ちます。駐車スペースは普段は並列で2台分、来客時は少し間隔を詰めて3台分並べて駐車できる広さがあります。

 電気自動車用の外部電源も備え付けられた建物は、全ての居室の窓にシャッター雨戸が付いています。この窓は樹脂製のLow-E複層ガラスなので、断熱性能は高く、北海道の様な寒冷地ではない川棚エリアでは十分な性能を発揮します。ちなみに最近はトリプルサッシの様な更に高性能な窓を採用する家も増えているようですが、下関においては十分な性能を発揮する場面は少ないでしょうから、重量が重たい分だけ日常に生活においてはストレスを感じることが多くなる可能性があります。玄関ドアは電気錠タイプなので、ドアの開け閉め時に鍵を取り出したり鍵穴を探したりするストレスがなくなります。

 この建物の特徴の一つでもある広々した玄関ホールは、およそ6.5帖分のスペースがあり、第二のリビングとしても利用できます。その広さを存分に生かせるように、壁一面の造り付けの収納や、土間続きのベビーカーやゴルフバッグ置き場に重宝する0.5帖分の収納スペースを配置しています。玄関とリビングは連続した空間としても利用できますが、普段は3枚引戸で間仕切りできるので、日常や来客時などフレキシブルに対応できる造りです。

 水回り設備は全てTOTO製で、家事の負担を軽減してくれる様々な工夫が散りばめられています。対面式キッチンの背面には大容量のカウンターカップボードセットが取り付けられているので、食器棚を新しく準備する必要はありません。そのキッチンの床下には、建物全体の空調を管理する24時間換気システムの設備があります。トイレを含む各居室の排気を一括して行う設備です。この建物は寒い冬や暑い夏でも快適に過ごせるように、断熱性や気密性を高めた造りを採用しています。

 キッチンの横には、4帖の広さがある洗面室を配置して効率的な家事動線を実現しています。洗面室は大容量の可動棚があったり、物干し竿を吊り下げられたり、家事室としての機能を持たせています。勝手口から裏庭へ出られるので、天気の良い日は外で洗濯物を干したり、日常のゴミ出しなどに活用できます。お風呂場は1坪タイプのユニットバスなので、ゆったり足を伸ばしてお湯につかれます。さらにお湯につかりながら、ダウンライトの調光やブルーライトを灯したりすることができるので、お風呂の時間が長くなってしまうかもしれません。

 3つある居室は、子ども部屋としての利用を想定した2つの5帖の洋室と、メインの寝室としての利用を想定した6帖の洋室プラス4帖のウォークインクローゼットを、リビングを挟んで対角線上に配置して家族間のプライバシーを確保しています。年頃のお子さんとの距離感を大事にしたいご家庭には必要な配慮だと思います。

 一般の注文住宅以上のこだわりの住宅設備を採用したり、高い住宅性能で日常生活の快適さを実現した建売住宅。省令準耐火構造による火災保険料の割引や、すまい給付金・住宅ローン控除の利用、断熱性や気密性の高いオール電化住宅ならではの光熱費の削減など、金銭面でのメリットも享受できるおすすめの物件です。