物件紹介
垢田町
2,348
税込
万円

物件に関するお問い合わせ

物件概要

  • 住所:下関市垢田町5丁目13-46
  • 土地面積:181.70m2(54.96坪)
  • 建物床面積:116.15m2(35.14坪)
  • 築年月:昭和57年8月
  • 構造:軽量鉄骨造2階建
  • 用途地域:第2種中高層住居地域
  • 交通:垢田下バス停 / 徒歩3分
  • 学校区:垢田小学校・垢田中学校
  • 現況:空家
  • 取引態様:仲介
  • 備考:□安心R住宅(全宅連)、リノベーション工事済、既存住宅売買瑕疵保険を付保 当該物件に関することは弊社までお問合せください。安心R住宅(全宅連)とは、耐震性等国土交通省が定めた要件に適合した既存住宅のことです。安心R住宅(全宅連)全般に関すること、取引に係るトラブルが生じた場合等の問合せ先 一般社団法人 山口県宅地建物取引業協会 TEL:083-973-7111 FAX:083-973-7522 受付時間:月曜日~金曜日 午前9時~午後5時

    □カーポート1台分有、敷地内電柱有
    □既存住宅瑕疵保険検査適合(保険期間5年、保険金額1000万円、給排水管路特約付)※すまい給付金利用可・住宅ローン控除等利用可 □新築時施工会社:パナホーム □引渡し時期:即時  □リノベーション工事内容 設備交換(キッチン・ユニットバス・トイレ2カ所・洗面化粧台・都市ガス給湯器)、駐車場入口加工、一部床組・床フローリング・壁クロス施工、玄関ドア・室内建具交換、外壁・屋根塗装、防蟻工事、照明付、平成30年12月施工 □固定資産税年額約36,148円(平成30年度)

物件所在地

中古住宅:5LDK 垢田町 2,348万円

 全体を白色、アクセントに青色をのせた明るい色調で再塗装されたこちらの建物が位置するのは、昭和50年代に開発された住宅地。平坦で静かな住環境は、近くには思う存分運動が出来る広い公園があり、最近は下関北バイパスが開通したことで交通の利便性が格段に向上しました。その影響か、近所には近々コンビニもオープンする予定です。

 新築時から定期的にメンテナンスされてきた程度の良い建物でしたが、分譲当時から施工を担当した会社によって更に使いやすく永く使用できるように丁寧なリフォームが施されました。まず少し窮屈な印象の前面道路にたいして、駐車場入口を広げて照明を新設するなどクルマの出し入れのストレスを軽減させています。

 道路や隣地との間隔を保ちながら縦列駐車でゆったり2台分がとめられる駐車スペースを確保した絶妙な建物配置は、新築時の設計によるもので緑を楽しむ余裕を生んでいます。外水栓も東側と西側に2か所あり、庭木の水やりや洗車などに便利です。最近はオープン外構が流行していますが、プライバシー配慮や防犯の観点ではこの形が理にかなっているように感じます。

 広めの屋根付き玄関ポーチは、雨天時にはそのありがたさを実感することでしょう。親子ドアタイプの玄関扉を開けると明るく開放的な吹抜け空間が出迎えてくれます。1階はホールを挟んで独立した6帖の和室と16帖のLDK。和室は南西側で仏間と収納があります。東南向きのLDKは、キッチン、ダイニング、リビングとそれぞれの役割に合わせたゾーニング設計で広さと使い勝手の良さを両立。特にキッチンはカウンター収納を新設することで、対面式キッチンのような一体感とスペースの有効利用を実現させています。キッチンからは洗面室へのアクセスもしやすく、さらに洗面室には勝手口があり外部へ出られます。外部の差し掛けスペースは屋根付きなので、雨天時の洗濯物干しやゴミ出しに活躍することでしょう。

 2階へつながる踊り場のある階段には手すりは勿論、足元灯が3カ所備え付けられています。暗くなると自動点灯するので、少し踏板が狭い階段の危険軽減につながります。2階には少し小さめの4.2帖から7.5帖の洋室が4部屋とトイレがあります。全ての洋室は廊下と収納スペースを間に挟むことで、プライバシーも確保されています。またそれぞれの居室の窓には全て雨戸がセットされています。

 トイレは人感センサータイプの換気扇を採用していたり、吹抜け空間にはお洒落な壁面照明を採用したり、その他にも細やかな配慮が行き届いたこちらの再生住宅。全国的にもまだまだ数の少ない全宅連安心R住宅として、中古住宅にも品質を求める多くのニーズに応える物件です。     R.01.07.29