物件紹介
豊浦町豊洋台
1480
税込
万円

物件に関するお問い合わせ

物件概要

  • 住所:下関市豊浦町豊洋台3丁目481番地136
  • 土地面積:225.99m2(68.36坪)
  • 建物床面積:99.61m2(30.13坪)
  • 築年月:昭和55年1月
  • 構造:木造セメント瓦葺2階建
  • 用途地域:第1種中高層住居
  • 交通:豊洋台3丁目バス停/徒歩5分
  • 学校区:誠意小学校・豊洋中学校
  • 現況:空家
  • 取引態様:仲介
  • 備考:□引き渡し時期:即時 □リノベーション工事内容(平成30年9月完成):間取変更・一部増築、設備交換(キッチン:食洗機付・ユニットバス:浴室暖房乾燥機付・トイレ・洗面化粧台・プロパンガス給湯器)、駐車場加工、床組・床フローリング・壁クロス施工、玄関ドア・勝手口ドア・室内建具交換、階段架け替え、一部サッシ交換(複層)、屋根・外壁塗装、外壁一部サイディング貼、照明付、防蟻工事 □固定資産税・都市計画税年額29,966円(平成30年度) □土砂災害警戒区域内  □建物状況調査(インスペクション)報告書有り

物件所在地

中古住宅:3LDK 豊浦町豊洋台 1,480万円

 古くなったお家は設備交換や壁紙を貼替えただけでは住み心地は良くなりません。販売価格を抑えながら、住む人の使い勝手を考えたリノベーションを実現した物件のご紹介です。

 使い勝手の良さを実現するポイントの1つは生活動線の見直しです。こちらのお家は、キッチンからお風呂までの家事動線とLDKを中心とした各居室へのアクセスを改善しました。家事動線ではキッチンに勝手口を新設し、気になるゴミ出しも玄関を通らずに出来ます。1階の洋室は玄関とリビングにそれぞれつながる出入口を設け、外出・就寝・団らんなどの日常生活がよどみなく出来るように工夫しています。

 使い勝手の良さのポイントとして収納も見直しています。各居室のクローゼットはもちろん、リビングには納戸も設けました。あえてドアをつけていない納戸は、他の部屋より天井を高くする工夫を施しています。この工夫により1帖ほどの広さですが、収納力はしっかり確保出来ました。

 他にも使い勝手の良さにつながる様々な配慮があります。例えば居室のドアは全て引き戸としている点やクローゼットに採用した3枚引き戸。コスト的には一般的な開き戸の方が抑える事ができますが、スペースの有効活用や家庭内事故防止の視点で優位なアイテムです。1階洋室に併設した書斎もおすすめです。天井付近を開けた袖壁は、寝室とほど良い距離感を演出します。階段も架け替えて、以前は勾配も急で踏板も狭かった危険な状況を改善しています。もちろん手すりも設置しています。お風呂と洗面室は増築してそれぞれ1坪の広さを確保しました。水回りの設備も一新しています。システムキッチンは食洗機付、1坪タイプのユニットバスは浴室暖房乾燥機付で、ルーバー式面格子を取り付けた大きな窓もあります。元々広かった玄関も新しく親子ドアタイプを採用し、大きなシューズボックスも新設しています。外構工事も手を抜いていません。駐車場も拡幅し、玄関へのアクセスも改善しました。建物側のスペースの奥行きは約3.7mあるので、軽自動車であれば3台分並べられます。

 販売価格を抑えるために既存のサッシを再利用したりしていますので全てが新しいわけではありません。中古住宅のボリュームゾーンとなる価格帯を実現しながら、住み心地を追求したリノベーション住宅をぜひご覧ください。